Ultimate Rondo

アトリエシリーズとゲーム音楽とその他いろいろ

One Night Re:Birth参加レポ

昨日、伊藤賢治さん(イトケン)プロデュースのサガシリーズ楽曲ライブ「One Night Re:Birth」の東京公演に参加してきました!

先月発売された「Re:Birth II -連-」、そして前アルバム2作の楽曲を中心に、なんと20曲も演奏された盛りだくさんのライブでした!昨年のライブも行きましたが、演奏も客席の盛り上がりもかなりパワーアップしてるな、と感じました。

さらにステージの後ろにゲーム画面が写され、演出面でも非常に良かったと思います。

セットリスト

  1. オープニングタイトル (ロマサガシリーズ)
  2. バトル1メドレー (ロマサガシリーズ)
  3. 下水道 (ロマサガ1)
  4. Battle #5 (サガフロ1)
  5. 燃える血潮~Save the worldメドレー (SaGa2)
  6. A Piece of Courage (ミンサガ
  7. 全軍突撃! (インペリアルサガ)
  8. バンガード発進! (ロマサガ3)
  9. Battle #4 (サガフロ1)
  10. 死への招待状 -The Battle with Death- (ミンサガ
  11. 四魔貴族バトルメドレー (ロマサガ3)
  12. ラストバトル (ロマサガ2)
  13. ラストバトル (ロマサガ3)
  14. 決戦!サルーイン (ミンサガ) ~アンコール~
  15. 七英雄バトル (ロマサガ2)
  16. Last Battle -Asellus- (サガフロ1)
  17. Last Battle -Emilia- (サガフロ1)
  18. Last Battle -Red- (サガフロ1)
  19. 熱情の律動 (ミンサガ
  20. エピローグ (ロマサガ2)

感想

席は2階席の後ろから3列目。ステージからはかなり遠いけど、客席の様子もよく見える席でした。

ピアノソロでのオープニングタイトルの後、バトル1メドレーで一気にテンションがアップ!ロマサガ3パートに入ったくらいで手拍子を煽り、そして4曲目のBattle #5でいきなり観客を立たせるイトケンw いや、オールスタンディングでもいいのよ?

Battle #5の後にMCが入りましたが、ここでちょっと時間が押し気味に…会場の男女比を聞いてましたが、ほぼ半々くらいでした。客席ざっと見ても確かにそんな感じ。

燃える血潮~Save the worldメドレー、A Piece of Courageと続き、そして全軍突撃!全軍突撃は私が「連」で一番好きな曲です。

ここでバイオリン土屋さん、ボーカル岸川さんが登場!次の曲バンガードはCDにはないボーカル入りで、イントロからパワフル過ぎる声に圧倒されました!発進の瞬間の映像と曲がピッタリ合っててすごく良かったです(なおエビの島には行きませんでした)そしてBattle #4、死への招待状へと続きます。

次の曲はイトケンが観客を立たせ、四魔貴族メドレー!そしてロマサガのラスボス曲3連発と、一気に駆け抜けます!ラスボス曲3連発の流れは昨年に引き続きですね。ここらへんで私は汗だくに。半袖で行って本当に良かった。破壊するものと戦う雪だるまに和みました。

いったん退場するも、アンコールに応えたイトケンは「オードブルは終わったぞ」実際アンコールは6曲もありましたw 七英雄バトル、そしてサガフロのラストバトル3連続!レッドの曲では、ヒーローに「させられてしまった」レッドの「怨」を表現してくれ、という指示を岸川さんに伝えたとのこと。なるほど。

そしてみんな大好き熱情の律動!Re:Birthバージョンの律動は後半に各パートのソロが入るのがすごく好きです。あと歌詞が原曲とちょっと違うんですよねw ちなみに四魔貴族からここまでずっと立ちっぱです。

最後はロマサガ2のエピローグをピアノソロで弾き、客席の各方向に礼をして、マイク越しではない声で感謝の言葉を伝えたイトケン。こちらこそありがとう、客席の全員はきっとそう思っていたでしょう。

河津さんとの対談

ライブの途中では河津プロデューサーがステージに上がり、イトケン入社当時の思い出話や、PRなどで使われたレア音源の紹介など。ここら辺の話はファミ通の記事が詳しいです。

『サガ』ライブ“One Night Re:Birth”東京公演をリポート! トークコーナーでは新企画“『サガ』25周年くじ”の存在が明らかに - ファミ通.com